2001年01月21日

さまざまなこと 思い出す 桜かな

sakura.jpg
(創立百周年記念誌)

校門に入るとすぐ木造の校舎があり、
その校舎を抜けたところに大きな桜の木があって、
満開の花が新入生を迎えてくれました。

西校舎の凹地に晴明丘地域を象徴するように
数奇屋風の立派な茶室があり、
時が来ると前庭の地にあやめの花が美しく咲いて
古好の風情を楽しませてくれました。

これは去る20年前、私が校長をしていたころの情景です。
児童数1800余名、教職員数は六十数名という大規模校でした。
それでもP・T・Aが一丸となって明るく和やかな校風をつくり、
子ども一人一人の幸せを求めて真剣な教育への取り組みがなされていました。

21世紀を目指しての国の教育は「生きる力」を育てることを目標にしています。

創立百周年を向かえ、晴明丘教育が「生きる力」を育み、
たくましく新世紀へ飛躍していける子どもたちを育成する
学校としてますます発展されることを念願いたします。

(晴明丘小学校創立百周年記念事業委員会 広報誌より)


関 岡 猪 蔵
(第14代校長:昭和49〜51年)

posted by en at 00:00| 資料